骨盤の歪みと骨盤底筋の関係

カラダドクター

048-788-3341

〒362-0075 埼玉県上尾市柏座1-10-3-6 A&S203

営業時間 (月~土)10:00~20:00
                  (日・祝)10:00~18:00

ブログ

骨盤の歪みと骨盤底筋の関係

身体について

2016/09/29 骨盤の歪みと骨盤底筋の関係

最近、骨盤底筋群が注目されています。

というのも、若年層でも「尿もれ」の問題を抱えている人が増えてきているからなんです。

妊娠・出産を経験したり、加齢とともに骨盤底筋が弱くなってくると、ちょっとくしゃみをしたり、

重い物を持ち上げて腹圧がかかるだけで尿がもれてしまいます。

そうなると、なにをするにも不安がつきまといます。

骨盤底筋

骨盤底筋とは、骨盤の底に位置し、恥骨から尾骨までの間をハンモックのように下から内臓を支える筋肉のことです。

様々な筋肉が何層にもなって重なっているので「骨盤底筋群」と呼ばれています。
骨盤底金の役割は子宮や、膀胱、直腸などを下から支え、本来ある場所にしっかりと定着させます。

この筋肉が様々な影響で疲労したりゆるんだりすると、

内臓が下に落ち込んできて内臓の働きが低下します

そうなると血液の流れが悪くなったり、冷え性やむくみ、便秘がちになります。

また、骨盤を安定させるためにも大切な筋肉になります。

きれいな姿勢もこの筋肉が大きく関わっているともいわれています。

まずは、骨盤の歪みを調整してトレーニングを始めましょう!

カラダドクター

〒362-0075
埼玉県上尾市柏座1-10-3-6 KSYビル203

電話番号:048-788-3341
メールアドレス:ホームページからの問い合わせ
営業時間:【火~土】10:00~20:00
【日・祝】10:00~18:00

当院のFacebookはこちら
http://bit.ly/2bDcH2Z

当院の場所を動画で確認できます。

TOP