脛(すね)の外側が痛くなる原因

カラダドクター

048-788-3341

〒362-0075 埼玉県上尾市柏座1-10-3-6 A&S203

営業時間 (月~土)10:00~20:00
                  (日・祝)10:00~18:00

ブログ

脛(すね)の外側が痛くなる原因

身体について

2018/09/05 脛(すね)の外側が痛くなる原因

長時間歩いたり、走った後に脛(すね)の外側が痛くなることはありませんか?

 

個人差はありますが、脛の外側にだるさを感じる人は結構多いです。
歩いている時や動いている時にはだるさを感じにくいですが、

ふと休憩した時やリラックスした時にだるさを感じたりします。

TRTM9378_TP_V

この痛みやだるさの原因は、

脛の外側にある前脛骨筋(ぜんけいこつきん)という筋肉が張っているからです。

 

脛の外側を手で触ると、太い筋肉があるのがわかります。
この筋肉が前脛骨筋です。

 

この前脛骨筋は、脛の外側から土踏まずの辺りに付着しています。

前脛骨筋は、つま先を上げる、足首を内側に捻る時に働く筋肉で、

歩行時に足首の外側に体重をかけると力が入ります。

 

足首の捻挫を繰り返ししてるかたは、

足首の外側の靭帯が伸びてしまっている為、

足首が内側に入りやすく、前脛骨筋に負担がかかりやすくなります。

 

また、土踏まずに付く為、

足裏に痛みが出ることもあります。

 

猫背になると、骨盤が後ろに引っ張られる状態になり、

膝が少し前に出てしまいます。

そうすることで、常にわずかな中腰の姿勢になり

前脛骨筋にも負担がかかります。

 

正座をしたらストレッチされる筋肉なので、

長時間歩いた後など、

正座をして前後左右に上体を倒してストレッチしましょう!

 

また、足首を動かすのも効果的なので、

お風呂上りに足首をグルグル回すようにしましょう(‘Д’)

 

 

https://www.peakmanager.com/online/index/w9u9g6/eNpLtDK0qi62MjSyUsovKMnMzytJTI_PTFGyLrYytVKysDCyNFCyrgVcMOm-C28,

 

 

上尾で骨盤調整やオイルトリートメント、ヘッドマッサージの口コミで人気の駅前にある整体院
平日限定コースやお得なロングコース、初回限定コース、マタニティコースもあります。

 

 

カラダドクター

〒362-0075
埼玉県上尾市柏座1-10-3-6 ‐203

電話番号:048-788-3341
営業時間:【月~土】10:00~20:00
【日・祝】10:00~18:00

女性セラピストの施術風景です。女性の方でも安心して受けれます。

TOP